糖質制限のダイエットはどうやって行うのか?

糖質制限を利用したダイエットについて、最近よく耳にする機会が増えたと思います。

糖質制限のダイエットとは、ズバリ体内の血糖値を上げる糖質の摂取を制限するダイエット方法です。

炭水化物ダイエットも流行っていますが、炭水化物も糖質を多く含んでいるので、糖質制限のダイエットに近いものがあります。

糖質制限のダイエットでは、ご飯やパン・麺類・イモ類などの糖質を多く含むものを避けて食事を取っていく方法で、肉や魚などのおかず類は食べてOKです。

野菜やきのこなどの食物繊維の多いものは更に摂取してOK!ということで、食べられるものも多く続けやすそうなダイエットですよね。

糖質制限のダイエットで避けるべき炭水化物というのは、主に糖質と食物繊維で構成されており、この糖質というのが太る原因ともなっています。

糖質は摂取することで血糖値が上昇するのですが、血糖値を抑制するために肥満ホルモンともいわれるインシュリンが分泌されます。

インシュリンが肥満ホルモンといわれる理由は、余分な糖質を脂肪に変えるという働きがあるからです。

インシュリンをあまり分泌させないためには、糖質を制限するということが有効なのです。

また、摂取する糖質が少ない場合、体に既にある脂肪がエネルギー源として燃焼されるのです。

脂肪が燃焼されることは、ダイエットにはもってこいですし効率的に進めることができますよ。